環境

環境インパクトと汚染予防

当社の事業は基本的には、高い環境インパクトや生態系へのインパクトはありません。しかし、当社では監視と予防に関する先行アプローチを採用します。新規投資対象国における事前の環境影響評価だけでなく、包括的な環境適正評価と基礎評価を実施し、当社の事業に影響の可能性のある環境負債残高を決定し、将来的な悪影響を予防します。

汚染予防の分野では、当社には製造工程設計をレビューする高度なプロセスがあり、公害あるいは環境汚染を事前回避しています。万一、廃棄や排水が避けられない場合には、当社はリスクを許容レベルまでに管理する適切な処理施設を完備しました。

また製品開発及び製造に関しては、当社は排出量削減、燃費、低騒音、二酸化炭素排出量削減を最優先事項に含めています。

Environmental Impact and Pollution Prevention     Umweltauswirkungen und Verhinderung von Umweltverschmutzung

 

水資源使用と保護

当社では水資源保護プログラムに関しても先行的アプローチを取っています。例として、高度な限外濾過膜及び逆浸透膜濾過技術の使用により、工程用水(例、電気メッキなど)の再利用やリサイクルを可能にしています。インドでの当社工場新設の際には、ゼロ排出プログラムを実施し、取水した地下水が高い衛生基準に適合するよう処理されています。全ての用水は完全な微生物処理、逆浸透膜(RO)、紫外線殺菌などの処理後に使用又は再利用されています。

Wasserverbrauch und Wasserkonservierung

 

エネルギー管理

ネルギー資源保護及び操業上のカーボンフットプリント削減が、当社の環境管理戦略全体の重要部分です。JE はカーボン排出量目録作成、及び関連するエネルギー保護プログラム策定を実施しました。特に中国で当社は、同国のカーボン排出権取引のに参加しています。 一部の拠点ではさらに、ISO 14064によるGHG 排出量管理と認証機関による検証を採用しています。エネルギー節減委員会は、運営部門と施設部門の両者が参加して運営され、エネルギーの課題を効果的に管理しています。

エネルギー管理       エネルギー管理